開催月:2014年5月

病み付き湖南家庭料理

8,000 yen(税込)

About Class

オリジナルのシャウ・ウェイとっておきご馳走スペシャルレシピをご紹介するクラスです。特別の日に特別な人のためにぜひ作ってあげていただきたい世界各地の絶品メニューを揃えています。このクラスの材料費は一部時価の食材を扱う場合がございます。

強烈なパンチと深い味わいを持つ湖南料理は、中国では「湖南菜」(フーナンツァイ Hunan cai)または 「湘菜」(シアンツァイ Xiang cai)と言います。

四川料理と同様に唐辛子を多用し、辛い中国料理の代表とされます。

唐辛子はよく使いますが、四川料理と違うのは、四川の麻辣(マーラー mala)に対して 「酸辣」(スワンラー suanla)といわれます、辛味のほかに酸味が効いてます。

湖南省出身の毛沢東がこよなく愛した料理として知られて、 「毛家菜」(マオジアツァイ Mao jia cai)という言い方もあります。

湖南料理は欠かさない調味料理の一つは剁椒(ドウジャウ)。

刻み赤唐辛子の漬け物です。

酸味の効いた辛みなので、料理の風味を一層より深まります。

今回のレッスンはトウ椒の作り方から紹介、作ったものを皆さんに小分けし、ぜひ自宅でお使いになってください。

シェアする